スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

文学少女シリーズ。

2009/05/27 09:22 

今日は本の紹介です♪

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
(2006/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る


“文学少女”シリーズの一巻です。

この本はライトノベルというふうに分類されています。
中学生・高校生の時にライトノベルを夢中になって読みました。
大学生になってからはあまり読まなくなっていたのですが、久しぶりに読んだらやっぱり面白くて、ついつい8冊まとめて読んでしまいました(笑)。しばらくライトノベル熱は続くかもです。

本が大好きな“文学少女”の遠子と、彼女の“作家”である心葉の物語です。ミステリーのような、ファンタジーのような、ラブストーリーのような・・・一言では説明しにくいです(ライトノベルにはそういう本が多いんですけどね)。あんまりネタバレって好きじゃないので内容はあんまり書きませんが、面白くてスピード感のある小説です。ただ、落ち込んでるときに読むとすっごくのめりこんでさらに落ち込んでしまうかもです。

この本では、「人間失格」「嵐が丘」などの有名な文学作品がたくさん登場します。“文学少女”とあわせて読み直しても面白いかも。図書室にある世界文学全集とか、端から全部読んでいくのが好きだったので・・・(笑)。

ちなみに妹はそういった有名文学作品をほとんど読んでません。読めば良いのにねぇ。



スポンサーサイト

小説。Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

鑑識・米沢の事件簿

2009/04/24 17:52 

20090424175207
今日読んだ本です。

相棒シリーズ
鑑識・米沢の事件簿
~幻の女房~
2~知りすぎていた女~

の二冊です。

私は水谷豊さん主演のドラマ・相棒が大好きなので、読んでみました。ドラマでは脇役の米沢守のキャラクターがよく描かれていて、とても面白かったです。

相棒は魅力的なキャラクターが多いと思います。

伊丹さんを主人公にしたスピンオフ小説も出れば良いのになぁ。

小説。Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。